andante_jiyugaokaのblog

アンダンテ靴工房は東急東横線自由が丘駅から徒歩10分、東急大井町線緑ヶ丘駅から徒歩5分、東急目黒線奥沢駅から徒歩7分のところにあります。
靴作り教室とオーダー靴の工房です。

タグ:8センチヒール


IMG_6330IMG_6331
IMG_6332IMG_6333
IMG_6334IMG_6335
IMG_6336IMG_6325
IMG_6326IMG_6327
IMG_6328
Hさんの新作、ブローグ(穴飾り)の入ったハイヒール。独特の質感をした黒革で作られていて、渋いですね。
Hさん、出産を控えた状態で、体調を見ながらも飄々とこの作品を作ってましたが、完成する頃には、かなりお腹も大きく、こちらがハラハラドキドキで、「おいおい大丈夫かよ…」と思いながら見てました。

Hさん、お疲れ様でした!またいつでも遊びに来てくださいね。








IMG_5517IMG_5518
IMG_5519IMG_5520

IMG_5521

IMG_5512IMG_5513
IMG_5514IMG_5516
IMG_5515
Hさんの新作は、履き口が少し浅めの内羽根です。
味のある革が好みのHさん、今回はヌメ革に挑戦しました。
「包丁で切っていても、ポンチで穴を開けていても、感触が気持ち良い。」らしく、特に切断面のエッジに惚れぼれしておられました。
ヌメは硬くてつりこみが大変ですが、その分、柔らかい革より木型の形状を記憶するので、出来上がりのカッチリ感が違います。そして、完成後の経年変化も楽しみなところです。色は深みを増し、独特の光沢が出てきますが、水に弱いという難点あり。Hさん、突然の雨には御用心!


IMG_5555IMG_5556
IMG_5557IMG_5558
スタディーコース、Nさんの新作はブローグ(穴飾り)を施した内羽根。木型修正にも積極的で、時間はかかったものの、見事に足にフィットさせて完成です。
IMG_5559IMG_5560
IMG_5561IMG_5562
IMG_5563IMG_5564
穴飾りを施していくブローギングという作業、当工房で屈指の人気の作業です。見た目の情報量が一気に増えて華やかになり、かつ複雑な印象を与えるブローギング、未経験の生徒さんはこの作業に躊躇することもありますが、実は難易度はさほど高くはありません。はじめてのミシンに比べると楽勝ともいえる程です。
親子穴と呼ばれる大小並んだ穴は、専用のポンチを使えば等間隔に穴あけできますし、一つずつゆっくりできますので、初めての方でも綺麗な穴飾りを施すことができます。やってみたら意外と簡単というのもこの作業の人気の理由ではないでしょうか。
ただし、穴飾りの両側をミシンで縫う時が来て皆さん「はっ!そ、そういうことか…」と初めて事の重大さに気づくのですが。
IMG_5565

Nさん、ブローギングも何度か経験しているので、そのあとのミシンも危なげなくクリアしてますね。











IMG_5197IMG_5198
IMG_5199IMG_5200
IMG_5201

Sさんの1足目、マットな黒のプレーンパンプスが完成しました。
Sさんの足は、足長25センチ。これは女性としてはビッグサイズグループに属しており、やはりサイズ選びで苦労してきたようです。ちなみに、足長についてですが、ほとんどの人が自分の足長を、実際よりも1サイズもしくは2サイズ長くとらえている節があります。例えば普段、25センチを選んでいる人の足長は、実際に計ってみると、24センチくらいのことが多いのです。(そして、自分が思ってたより短い本当の足長を知った時、男女問わず、なぜか恥じらうような感じになります。)
IMG_5193IMG_5194
IMG_5195IMG_5196
Sさん、初めて自分の足に合わせたハイヒールの履き心地はいかがでしょうか?おそらく、これに履き慣れた頃、料理でいうところの舌が肥えるがごとく、足の感覚が肥えて、今まで履いていた靴を改めて履いた時、それがいかに合っていなかったかがわかるのではないでしょうか?




IMG_5166IMG_5167
IMG_5168IMG_5169
スタディーコースNさん、今作品は甲の部分に紐靴のデザインを取り入れたパンプスです。
IMG_5170IMG_5171
IMG_5173IMG_5172
IMG_5174
木型修正から取り組み、ほぼ一人で完成させ、その結果、見事にフィットしているところは、さすがスタディーコースのベテランと言ったところでしょう。色々と悪戦苦闘しながらやっつけたところもありますが、着実に一人で作れるようになって来ています。

スタディーコースでは2年以上在籍した生徒さんは、希望すれば、卒業することができます。そして、工房使用料、材料費を支払えば、(あと専用木型を作るか工房の木型をレンタルするか)工房の道具、設備を使い、開講時間内で自由に靴作りをしていただけます。ただし、原則として、私が教えることはしないので、一人で作れるようになっていることが前提ではありますが。
当工房も開講してはや4年になろうとしています(はや!)。そろそろこの制度を利用する生徒さんが出てきてもいい頃です。

↑このページのトップヘ