andante_jiyugaokaのblog

アンダンテ靴工房は東急東横線自由が丘駅から徒歩10分、東急大井町線緑ヶ丘駅から徒歩5分、東急目黒線奥沢駅から徒歩7分のところにあります。
靴作り教室とオーダー靴の工房です。

タグ:袋縫い

IMG_5426IMG_5427
IMG_5428IMG_5430
IMG_5431
Mさんの2足目、角材から削り出した自作のヒールが特徴的な、プレーンパンプスの完成です。

今回、難しかった点としては、アッパーが袋縫いで作られていること。しかもスエードで。ということが挙げられます。

別に袋縫い自体は難しくないのですが、履き口の広いパンプスでこれをすると、つり込みがかなり難しくなります。どう難しいのかを文章で説明するのは少々骨が折れますので、ここでは割愛しますが、とにかく思うようにいかないのです。で、スエードでそれをやろうとすれば、さらに思うようにいかなくなるという感じです。
IMG_5422IMG_5423
IMG_5424IMG_5425
Mさんも今回のつり込みでは、履き口のラインが予定よりもずれてしまい、フィッティングに影響が出てしまうかと心配しましたが、履いてみると普通にフィットしていて、なんかいい感じでした。履き口が予定通りだともっといい感じになるはずです。
削り出しチャンキーヒールで、安定感は文句なし。






IMG_5341IMG_5342
IMG_5345IMG_5343
IMG_5344
Tさんの新作(もう何作目かわかりません。)、履き口にスタッズを並べたフラットパンプスの完成です。
今作品の特徴はスタッズだけではなく、袋縫いという製法で作られていることも挙げられます。
袋縫いとは、ステッチが表面に現れない作り方で、独特の柔らかい表情に仕上げることが出来ます。
ただし、パンプスで袋縫いをする場合、つり込みが非常に難しくなります。これについての解説は割愛しますが、Tさんも例にもれず、大苦戦しながらの作業でした。
IMG_5340IMG_5337
IMG_5338IMG_5339
靴作りの楽しさは、ただ欲しいデザインの靴が履けるというだけではなく、作業の難しさを体験し、次はもっとうまくやろうという課題が生まれるところにこそあると言えます。


↑このページのトップヘ