andante_jiyugaokaのblog

アンダンテ靴工房は東急東横線自由が丘駅から徒歩10分、東急大井町線緑ヶ丘駅から徒歩5分、東急目黒線奥沢駅から徒歩7分のところにあります。
靴作り教室とオーダー靴の工房です。

タグ:自由ヶ丘

IMG_7618IMG_7619
IMG_7620IMG_7621
IMG_7622IMG_7614
IMG_7615IMG_7616
IMG_7617
Tさんの新作は、独特の表情を持つ高級イタリアンレザーをふんだんに使用した4センチヒールのブーティー。ウェッジヒールは無垢の木から削り出した一点物。
フィッティングは、左はバッチリでしたが、右は、甲のちょうどV字の先端部分がきつくて難ありでした。完成から一週間、甲を伸ばして無事問題は解決しましたが、ほんの少しのことがフィッティングを大きく左右することを改めて痛感させられました。
IMG_7623

ライニングの千鳥格子が効いてますね。

Sさんの新作は、甥っ子さんへのプレゼントとして作ったスリッパ。どんな革を選べば良いか、悩んだ末のこげ茶。気持ちが伝われば、どんな色でも喜ばれると思います。
IMG_7613


IMG_7575IMG_7576
IMG_7577IMG_7578
IMG_7579IMG_7580
IMG_7581IMG_7582
Iさんの1足目、こだわりの詰まった外羽根の完成です。
1足目ということで、気になるフィッティングですが、ほぼ直すところがないくらいピッタリでした。
あとは履いてみてどうか、というところでしょうか。
50年代のロカビリーをイメージさせる配色と7ミリ厚の革底が雰囲気抜群です。

2足目はブーツに挑戦ということで、乞うご期待!





IMG_7527IMG_7528
IMG_7530IMG_7529
IMG_7523IMG_7524
IMG_7525IMG_7526
Kさんの新作、4センチヒールのセパレートパンプスが完成しました。
セパレートタイプは前後のパーツが分かれているデザインのため、パーツを別々でつり込むと密着が甘くなります。なので、つり込む時は裏革だけは前後のパーツが繋がった状態にしておき、前後のテンションが十分にかかるようにつり込みます。こうしたちょっとした工夫でフィット感が随分変わってくるのです。

IMG_7534

Kさんの新作は、靴製作の箸休め的存在、スリッパです。4足一気呵成に完成。

次作はデザートブーツに挑戦予定。

↑このページのトップヘ