andante_jiyugaokaのblog

アンダンテ靴工房は東急東横線自由が丘駅から徒歩10分、東急大井町線緑ヶ丘駅から徒歩5分、東急目黒線奥沢駅から徒歩7分のところにあります。
靴作り教室とオーダー靴の工房です。

タグ:自由ヶ丘

IMG_7466IMG_7467
IMG_7468IMG_7469
IMG_7470IMG_7462IMG_7463IMG_7464
Yさんの1足目、ゴツめソール装着のメンズライクな外羽根の完成です。

初めて自分の足に合わせた靴の第一印象は、「小さ。」だったようです。
ほとんどの人が同じような印象を抱くのですが、それは、痛くないように自分の足の大きな部分に合わせて選ぶ隙間だらけの既製靴に慣れてしまっているからです。
足合わせした靴に慣れた頃、いつもの既製靴を履くと、それを実感できるでしょう。

IMG_7456IMG_7457
IMG_7458IMG_7459
IMG_7452IMG_7453
IMG_7454IMG_7455
Fさんの新作、ブローグが華やかなフラットパンプスの完成。フラットはこれで3足目ですね。
今回はゴム底で仕上げたので、屈曲部分の返りも良いはず。今までのフラットと履き比べて違いを感じてみて下さい。それは、また4足目のフラットを作るときの参考にもなると思います。
IMG_7460



IMG_7450IMG_7446
IMG_7447IMG_7449
IMG_7445IMG_7441
IMG_7442IMG_7443
IMG_7444
Kさんの新作、ハラコ風の素材をアッパーに使用した、ルームシューズの完成です。
高さ2センチのウェッジソール、つま先には先芯、靴底はラバーソールを装着しているので、いざとなれば外履きもこなせます。
IMG_7451

IMG_7361
IMG_7362
IMG_7363
IMG_7365

IMG_7364
IMG_7357
IMG_7358IMG_7359
IMG_7360
Oさんの新作、グルカサンダルの完成です。
世の中には様々なデザインのサンダルがありますが、このグルカサンダルはつま先と踵が覆われているためか、サンダルでありながら、ラフになり過ぎず上品な雰囲気を纏っています。
イタリア製のヌメ革を贅沢に使っているということもあり、かなりの高級感です。
IMG_7366

IMG_7351IMG_7348
IMG_7349IMG_7350
IMG_7352IMG_7353
IMG_7354IMG_7355
IMG_7356
Mさんの新作、内羽根の完成です。
黒スエードに白い革帯紐を刺し子のように波縫いし、ブローグのような表情に仕上げています。
底付けはハンドソーンウェルテッド。
ハンドソーンウェルテッドは「掬い縫い」と「出し縫い」の2つの工程から成る複式縫いです。それぞれに難しさがありますが、どちらをより難しいと感じるかは人それぞれのようです。

↑このページのトップヘ