andante_jiyugaokaのblog

アンダンテ靴工房は東急東横線自由が丘駅から徒歩10分、東急大井町線緑ヶ丘駅から徒歩5分、東急目黒線奥沢駅から徒歩7分のところにあります。
靴作り教室とオーダー靴の工房です。

タグ:手作り靴

IMG_3558IMG_3559
IMG_3560IMG_3561
IMG_3562IMG_3563
Sさんの3足目、リボンをあしらった4センチヒールのパンプスです。

これまで2足とも、8センチヒールを作り、今回、新たに木型を変えての3足目です。
IMG_3544IMG_3545
IMG_3546IMG_3551
リボンもそうですが、ヒールも角材から削り出すなどして、ディテールにこだわって作りました。
履いた感じもピッタリときていて、歩きやすそうです。季節的にもちょうど良い色あいですね。



 

夏に合わせて、サンダルを製作中の生徒さんは、スケジュールを前倒しして完成させる人がほとんど。
そりゃそうですわな。夏に完成しないと意味ないわけですから。

Mさんのこだわりが随所にちりばめられたサンダルをご覧ください。と言いたいところですが、実は、これまだ未完成。
Mさん、8月は都合が悪く教室をお休みしないといけないので、9月に持ち越す訳にいかず、今月の受講を増やして完成を目論みました。が、あえなくタイムアップ。時間延長でなんとか履ける状態にこぎ着けたってところです。
IMG_3144IMG_3145IMG_3146
IMG_3147IMG_3148
また後日、晴れて完成した時の写真はアップしますが、今日のところは履いた感じのみ。いろいろ見所満載のサンダルなので、乞うご期待。



 

IMG_2979
アンダンテ靴工房の手作り靴教室は、まだ始まってから1年と数ヶ月。なので、生徒の皆さんも靴を作り始めてまだ間もない方ばかり。それでも2足目3足目と数をこなすうちに、だんだん勝手がわかってきた様子です。
IMG_3066

他の人の製作過程をみるのも刺激になるんです。タイミングが合えば、出来上がりに立ち会えることも。IMG_2987





 

IMG_2808IMG_2809

当工房のウェッジヒールはEVAという板状の素材を1センチずつ積み上げてから、木型の底面のカーブに合わせるべく、グラインダーで削り続けるという作業をしなければなりません。かなりの時間を要します。だから、あまり生徒さんにはオススメしておりません。しかし、中には、それでもウェッジがいいと言う生徒さんもおられます。IMG_2810

今回一足目でいきなりのウェッジを選んだKさん、途中で投げ出してしまわないか心配でしたが、なんとか完成に至りました。お疲れさまでした。
IMG_2812
IMG_2813
IMG_2815

しかしこの革、毎回つり込みで大汗かかされます。 

靴ってどういう過程を経て出来上がるのか。一通りやってみると実に様々な工程に出会いますが、中でもとりわけ感動的な瞬間が、木型を抜く時ではないでしょうか。
IMG_2499IMG_2501IMG_2502IMG_2503IMG_2504IMG_2505

木型が入った状態でいくら立派な靴の形をしていても、なんだかいまひとつ「自分の靴ができた!」という実感が湧かないものです。 木型が抜けて初めて、作ったつもりのない、靴の内側が出来ていることの新鮮な驚きと共に、解放された木型の全貌を久しぶりに見て、改めて長かった道のりに思いを馳せ、おおそうだ、この湯気が立ちそうな程に出来たてのこいつは、自分が履く靴なのだ。もう今にも自分が履くのだ!と、まるで急に自分の出番が回って来たかのように実感するのです。
 IMG_2561IMG_2563IMG_2564IMG_2565IMG_2566IMG_2568






↑このページのトップヘ