andante_jiyugaokaのblog

アンダンテ靴工房は東急東横線自由が丘駅から徒歩10分、東急大井町線緑ヶ丘駅から徒歩5分、東急目黒線奥沢駅から徒歩7分のところにあります。
靴作り教室とオーダー靴の工房です。

タグ:冠婚葬祭

20130808_18331720130808_183335
布の靴、随分長らくお待たせしましたが、本日無事納品されました。
実はこのお客さん、この靴とセットで、同じ生地を使っての鞄もご注文されていました。請け負った人は、以前から靴学校で交流のあったKさん。なんでも器用に作ってしまうこのお方、今回は鞄担当ということで、 存分に腕をふるっておられました。
IMG_2025

「うわ、すごい。このねじねじの持ち手、大変でした?」
「いえ、それは別に。」
IMG_2030
鞄のことはよくわかりませんが、随所に工夫がこらしてあって、お客さんの要望にしっかり応えた逸品でした。いい物を見させていただきました。
IMG_2029

IMG_2026

鞄と靴、おそろいで「ザ・フォーマル」って感じです。

お客さんのKさん、鞄担当のKさん、今日は暑い中お越しいただきありがとうございました!
 

IMG_1984
随分、お待たせしております、冠婚葬祭用の布の靴が完成しました。
紐はとりあえずのものを付けていますが、どんなものにするか数種類用意して、お客さんに選んでもらうつもりです。特にこういう編み上げのブーツは、紐が存分に主張しますので、ものによってガラリと印象が変わります。
しかし、布の靴は何をするにも気を使います。ボンドを塗ったりする時はもちろん、普通に持つ時ですら気をつけないと、一度汚れるともうとれません。これで色が白だったらと思うとゾッとします。今後、そういう場合には作業中の保護方法も考えないといけませんね。 

20130718_200056

冠婚葬祭のための布の靴、製甲がやっと出来ました。
ふうー、革と違って神経使います。 

冠婚葬祭仕様のブーツの試着が無事終わりました。

オーダー靴の試着の目的は2つあって、一つはフィッティング。もう一つはデザインの確認です。
この2つを吟味していくことで、お気に入りの一足は出来上がります。

お客さんの希望や好みを全て無条件で満たすことは難しいですが、話を進めながら、折り合いをつけながら、お互いがベストなものに向かっていく過程はとても楽しいものです。

完成を心待ちにしているのは、実はお客さんよりも作り手なのかも知れません。

 
IMG_1891
 

冠婚葬祭において革製品は御法度です。
鞄やコートなど、どんなデザインであろうが、革製品であればマナー違反になります。ご存知でしたか?
靴は革以外の素材でフォーマルなものがほとんど存在しないので、仕方なく許されていますが、できれば、黒い布製がベストです。

探しても無いものはオーダーするしかないのでお願いします。というわけで、ご注文いただきました冠婚葬祭仕様の黒い布製のブーツの仮縫いです。
IMG_1886
 
冠婚葬祭において革製品は御法度。
実はこの注文をうけて知りました。 

↑このページのトップヘ