andante_jiyugaokaのblog

アンダンテ靴工房は東急東横線自由が丘駅から徒歩10分、東急大井町線緑ヶ丘駅から徒歩5分、東急目黒線奥沢駅から徒歩7分のところにあります。
靴作り教室とオーダー靴の工房です。

タグ:ローファー

Sさんの新作、妹さんへのプレゼントに作ったローファーの完成です。妹さんには工房までお越しいただき、採寸、仮合わせもしています。
やはり目を引くのは、妹さんたっての希望である厚底ソールでしょう。EVAのウェッジにコマンドソールを合わせてかなり迫力があります。
アッパーに使用したオイルレザーは基本的に接着剤が効かないので、3ミリのレザーソールをマッケイ縫いしてから、そのレザーソールに対してEVAを接着しています。
最後の仕上げとして、甲のベルトに1セントコインを忍ばせるこの思いやり。
IMG_8026IMG_8027
IMG_8028IMG_8029
IMG_8030







IMG_7510IMG_7511
IMG_7512IMG_7513
IMG_7514IMG_7506IMG_7507IMG_7508
IMG_7509
Mさんの新作、手染めによるグラデーションが美しいタッセルローファーの完成です。
パッと見はローファーですが、甲までしっかりホールドするデザインで、内羽根的なフィッティングになっています。
Mさんのパティーヌ(手染め)も数を重ねる度に上手くなってます。今後の作品にも乞うご期待!

 
IMG_7516


IMG_6880IMG_6881
IMG_6882IMG_6883
IMG_6884IMG_6885
IMG_6876IMG_6877
IMG_6878IMG_6879
Tさんの新作、コインローファーの完成です。Tさん持ち込みの革を使用して製作しました。ベルトの切れ込み部分にはデニム生地をチラ見させるなど、独特のこだわりポイントもあり。



IMG_6871IMG_6872
IMG_6873IMG_6874
IMG_6875IMG_6867
IMG_6868IMG_6869
IMG_6870
Mさんの新作、4センチヒールのビットローファーです。ビット部分はMさんの持ち込み。
足が小さく、しかも左右差が結構あるので、量産の靴で足に合う
可能性ははっきり言って、0パーセントです。左右別々でサイズ違いを買っても厳しいと思われます。
今のところ、フィッティングとしては「まあまあ」と言ったところ。まだまだ改良の余地があります。
工房でMさんに使用している木型は事実上、永久専用木型になっているので、少しずつ改良を重ねて、究極の一体感を目指していきます。
 


IMG_6751 (1)IMG_6752
IMG_6753 (1)IMG_6754 (1)
IMG_6755IMG_6756
Oさんの新作は、奥様のために作った、3センチヒールのビットローファー。
ビットローファー特有の甲にあしらわれた金属の飾りは、馬具の部品を模した物なんだそうですが、これだけで印象がガラリと変わります。
Oさんの奥様は外反拇趾のために靴選びで苦労されてきたので、木型も永久保存版の専用木型を作っています。これからもどんどん、奥様に素敵な靴を作ってあげられますね。

↑このページのトップヘ