andante_jiyugaokaのblog

アンダンテ靴工房は東急東横線自由が丘駅から徒歩10分、東急大井町線緑ヶ丘駅から徒歩5分、東急目黒線奥沢駅から徒歩7分のところにあります。
靴作り教室とオーダー靴の工房です。

タグ:ブーツ

Sさんの新作、ボタンブーツのようなデザインで、どことなくレトロな雰囲気のブーツが完成しました。
甲の部分の立体的な作りも縫い目の残るセンターシームではなく、クリッピングでカーブのクセを付けて、縫い目の無いシンプルな見た目になるよう一手間かけて作っています。ベージュに黒いパイピングがこれまた良いアクセントになっており、内側に配したジッパーの色合わせも抜かりなく、閉じたときはジッパーが見えないようピタリと革が閉じる仕様もうまく、う、うまくいき・・・と書きたいところですが、じつはここでアクシデント発生。
ジッパーを縫い付けたあと、ライニングの処理中にうっかりジッパーを切ってしまうという、気が付いたときにはジッパーを2センチほど切ってしまっていたというアクシデントに見舞われたりもしましたが、なんとか修理して完成した今となっては、それもまた微笑ましいエピソードとなっているのではないでしょうか。

ヒールはこだわりのくびれヒール。えんじ色の中敷きなど雰囲気の統一感バッチリですね。
IMG_9916IMG_9917
IMG_9919IMG_9920
IMG_9922IMG_9909
IMG_9910IMG_9911
IMG_9912









Iさんの新作、Iさんのこだわりが凝集されたワークテイストミドルブーツの完成です。

まず、一番のこだわりは筒の細さ。ジッパーを付けずに足入れできる限界の細さまで、仮靴の段階で何度も検証を重ねて攻めました。仮靴で妥協なくギリギリまで攻めたので、本番のちょっとした誤差(縫い目の誤差、革質の差)によって足が入らないのではという不安を最後まで抱えながらの製作でした。

あとは、つま先の芯をあえて入れないソフトトゥ、靴底も革を2枚重ねたダブルソール、底のつま先に擦り減り防止のトゥスチールを付けるなど、こだわり満載の仕様になってます。

底付けは、掬い縫いは手縫い、出し縫いは機械縫いの9分仕立て。
IMG_9634IMG_9635
IMG_9636IMG_9638
IMG_9639IMG_9641
IMG_9643IMG_9627
IMG_9628IMG_9630
IMG_9631IMG_9632
IMG_9633








Mさんの新作、モカ部分の切り替えが印象的なブーツ。モカのU字ラインって微妙に非対称で、木型につり込んだ時に対称に見えるように作るのですが、そのつり込みの時、少し歪むと、何となく気持ちわるい感じになります。
これが結構クセもので、ウイングチップやストレートチップなら少しの歪みでもはっきりどう歪んでいるかがわかるのですが、Uチップは少しの歪みだと、「何か変。」みたいな感じで、慣れていない人だと迷い迷いつり込み作業することになります。
Mさんも例にもれず、つり込みで悪戦苦闘することになりましたが、なんとか許容範囲内に収まりました。
IMG_7942IMG_7943
IMG_7944IMG_7945
IMG_7938IMG_7939
IMG_7940IMG_7941
IMG_7948












 
IMG_7052IMG_7053
IMG_7054IMG_7055
IMG_7048IMG_7049
IMG_7050IMG_7051
Mさんの新作、分厚いオイルレザーで作った、ウエスタンブーツ の完成です。
この作品、作り始めたのはおよそ3年前…。途中でベビーシューズを何足か作ったり、靴の修理をしたり、数ヶ月お休みしたりと、なかなか製作が進まず、長い間、棚に鎮座する作りかけのこのブーツが、工房のインテリアになりかけていたのをご記憶の生徒さんも多いのではないでしょうか。
しかし、Mさん、去年末あたりから意を決したかのように怒涛の底付け作業をこなし、あれよあれよと言う間に完成を迎えました。
ジーンズなどをブーツイン出来るように、と筒は太め。
銀ペンで描けないくらいにオイルが含まれた味のある革はホーウィン社のもの。筒のステッチは銀ペンの筆圧で付けた跡を追ってミシンをかけました。
IMG_7056
 


IMG_7007IMG_7008
IMG_7009IMG_7010
IMG_7012IMG_7013
Oさんの新作は、娘さんのために作った編み上げブーツ。サイドにジッパーが付いているので、いちいち紐を解く必要がない作りにしています。
ライニングには厚めのクッションを使用していて、足当たりの柔らかさと防寒効果も備えています。
底付けはマッケイ。 

↑このページのトップヘ