andante_jiyugaokaのblog

アンダンテ靴工房は東急東横線自由が丘駅から徒歩10分、東急大井町線緑ヶ丘駅から徒歩5分、東急目黒線奥沢駅から徒歩7分のところにあります。
靴作り教室とオーダー靴の工房です。

タグ:フラットパンプス


IMG_7245IMG_7246
IMG_7247IMG_7248
IMG_7241IMG_7243
IMG_7242IMG_7244

IMG_7251IMG_7252
Sさんの新作、モスグリーンのヌメ革で作ったフラットパンプスの完成です。
アッパーは2、7ミリの革の厚さを生かした一枚構造により、ステッチのない独特の表情に仕上がりました。ヒールもまた独特で、ほぼ正方形のその角は靴のフォルムからはみ出してます。
これからの季節にピッタリで、経年変化も存分に楽しめる一足。



IMG_6761 (1)IMG_6762
IMG_6763IMG_6764
IMG_6765IMG_6766
IMG_6757IMG_6758 (1)
IMG_6759 (1)IMG_6760 (1)
Kさんの新作はフラットパンプス。バレーシューズのようなデザインですが、踵も爪先もしっかり芯が入っています。履き口はかなり浅めですが、しっかりフィットしてます。



 


IMG_6742IMG_6743
IMG_6744IMG_6745 (1)
IMG_6746IMG_6747
IMG_6748IMG_6749 (1)
IMG_6750
Kさんの新作、スクエアトゥのフラットパンプスです。
Kさん自ら革屋さんで見つけた、花柄の生地のようなプリントが施された加工レザーで作られています。
基本的に、生徒さんは工房にある革から好きな色や質感の革を選ぶのですが、生徒さん自らが、浅草橋等の革屋さんに出向いて選んで来ることもよくあります。
靴に適した革かどうかの見極めが必要ではありますが、革屋さんを見て回るのも楽しいものです。
 


IMG_6713IMG_6714
IMG_6715IMG_6719

IMG_6720IMG_6718
IMG_6722
Tさんの新作、水玉柄のフラットパンプスが完成しました。
白い革に手描きで水玉模様に染めてます。パイピングの水色も手染め。

 


IMG_6596
IMG_6597
IMG_6598IMG_6599
IMG_6600IMG_6594
IMG_6592IMG_6593
IMG_6595
Tさんの新作、フラットパンプスの完成です。写真では分かりにくいですが、黒と柄のコンビ使いになってます。
踵の形状が特徴的で、なかなか履ける靴が無いTさんですが、今作は今まで諦めていたフラットパンプス。踵が抜けやすいデザインの筆頭とも言えるこれ、保険的にアンクルストラップ仕様も考えていましたが、どうやら取り越し苦労だったようです。


 

↑このページのトップヘ