andante_jiyugaokaのblog

アンダンテ靴工房は東急東横線自由が丘駅から徒歩10分、東急大井町線緑ヶ丘駅から徒歩5分、東急目黒線奥沢駅から徒歩7分のところにあります。
靴作り教室とオーダー靴の工房です。

タグ:パンプス


IMG_7088IMG_7089
IMG_7090IMG_7091
IMG_7092IMG_7083
IMG_7084IMG_7085
IMG_7086IMG_7087
Kさんの新作、金色のレースの縁飾りがインパクト大なパンプスの完成です。
製作中から、他の生徒さんたちの注目度が高かった作品です。本人は、履きこなせるのか確信の無いまま製作していたようですが、出来上がって履いてみると、「ああ、まぁカジュアルでいけますな。」って感じで、ホッとした様子でした。
よく思うことですが、素材選びの段階で、ちょっとこれは派手かな、とか、やり過ぎかな、と思うくらいが靴になった時、ちょうど良いということが結構あります。 逆に控え目にすると、思ってたより物足りなかったり。特にレディースはそんな気がします。


IMG_6928IMG_6929
IMG_6930IMG_6931
IMG_6932IMG_6924
IMG_6925IMG_6926
IMG_6927
Nさんの2足目、ブローグ(穴飾り)を施したパンプスの完成です。
ブローギングは、靴作りを始めた人なら一度はやってみたい作業ではないでしょうか。
ミシンより落ち着いて出来ますし、一気に豪華になるので、この作業を悪く言う人は未だかつておりません。(それに比べ、シャンクは…)
生徒さんにとって、かけた労力がイメージ通りに報われる数少ない作業だと言えます。

Nさん、次はサンダルに挑戦。


IMG_6871IMG_6872
IMG_6873IMG_6874
IMG_6875IMG_6867
IMG_6868IMG_6869
IMG_6870
Mさんの新作、4センチヒールのビットローファーです。ビット部分はMさんの持ち込み。
足が小さく、しかも左右差が結構あるので、量産の靴で足に合う
可能性ははっきり言って、0パーセントです。左右別々でサイズ違いを買っても厳しいと思われます。
今のところ、フィッティングとしては「まあまあ」と言ったところ。まだまだ改良の余地があります。
工房でMさんに使用している木型は事実上、永久専用木型になっているので、少しずつ改良を重ねて、究極の一体感を目指していきます。
 


IMG_6776IMG_6771
IMG_6772 (1)IMG_6773 (1)
IMG_6774 (1)IMG_6775
IMG_6767IMG_6768 (1)
IMG_6769 (1)IMG_6770
Tさんの新作、自分で革屋さんに行って買ってきた、鮮やかなプリントが施された革で作ったパンプス。
ヒールも自ら浅草で探してきた好みの物。
ソールやヒールの色もプリントに合わせるなど抜かりなし。

 


IMG_6736 (1)IMG_6737 (1)
IMG_6738 (1)IMG_6739IMG_6740IMG_6741
IMG_6732 (1)IMG_6733 (1)
IMG_6734 (1)IMG_6735
Mさんの新作、フラットで履き口が深く、見るからに履きやすそうなスリッポンの完成です。
履き口のラインの取り方や、そこにバイアステープをあしらってバレーシューズっぽくするなど、シンプルながら随所にMさんのこだわりが感じられます。
中敷きもせず、中底材むき出しなところもMさんらしい。




 

↑このページのトップヘ