andante_jiyugaokaのblog

アンダンテ靴工房は東急東横線自由が丘駅から徒歩10分、東急大井町線緑ヶ丘駅から徒歩5分、東急目黒線奥沢駅から徒歩7分のところにあります。
靴作り教室とオーダー靴の工房です。

タグ:ハンドソーンウェルテッド

IMG_7351IMG_7348
IMG_7349IMG_7350
IMG_7352IMG_7353
IMG_7354IMG_7355
IMG_7356
Mさんの新作、内羽根の完成です。
黒スエードに白い革帯紐を刺し子のように波縫いし、ブローグのような表情に仕上げています。
底付けはハンドソーンウェルテッド。
ハンドソーンウェルテッドは「掬い縫い」と「出し縫い」の2つの工程から成る複式縫いです。それぞれに難しさがありますが、どちらをより難しいと感じるかは人それぞれのようです。


IMG_6338
IMG_6337
IMG_6339IMG_6340
IMG_6341IMG_6342
IMG_6343IMG_6344
IMG_6345IMG_6346
IMG_6347
Hさんの3足目、自分用としては1足目の紐靴が完成しました。
フルブローグ、ハンドソーンウェルテッドの王道的作品。
時間はかかりますが、その分、達成感もすごい。一度はやってみる価値ありだと思います。



IMG_6260IMG_6261
IMG_6262IMG_6263
IMG_6264IMG_6265
IMG_6255IMG_6256
IMG_6257IMG_6258
IMG_6259
Sさんの新作はコインローファー。コインローファーの起源は諸説あり、アメリカの学生の間で、拾った1セントコインをローファーの甲の切れ込みに入れておくと幸運を招くというゲン担ぎが流行って、それがファッションとして定着したという説や、昔、2セントで電話がかけられた時代の緊急用の名残りという説など、どれも興味を引くもので、そうと知ると、そりゃやってみたくなるのも頷けます。
ハンドソーンウェルテッド製法。




IMG_5731IMG_5732
IMG_5734IMG_5735
IMG_5733IMG_5736
IMG_5737IMG_5738
IMG_5739IMG_5740
Fさんの新作、ハンドソーンで底付けされた外羽根の完成です。
オーソドックスな外羽根とは少し羽根の付き方が異なっていたり、つま先と踵に色違いのチップを配したりして、ヌメのヤギ革の色合いも手伝って、表情豊かな仕上がりになりましたね。
蝋でピカピカに磨かれた革底の存在感、いつ見てもいいもんです。 


IMG_5698
IMG_5699
IMG_5700IMG_5701
IMG_5702IMG_5704
IMG_5706IMG_5709
スタディーコースOさんの新作、フルブローグの完成です。このフルブローグ、通常の外羽根とはちょっと違っていて、ヴァンプ部が踵の後ろまで伸びています。このことによって、ライニングとの組み立てが相当複雑になってしまいましたが、無事、縫製を終えたときは、Oさん、一足作り終えたかのような達成感に浸っていました。しかしそれも束の間、その後に待ち受けるハンドソーンに再度、悪戦苦闘することに。
出来上がってみると、複雑なデザイン、丁寧な作業、ハンドソーンでの底付けで、さすがの見応えです。 これぞ、革靴!といった感じですね。
IMG_5694IMG_5695
IMG_5696IMG_5697
Oさん、自分専用の木型をお持ちなので、これからも色々な靴を作っていかれるでしょう。楽しみです。

↑このページのトップヘ