andante_jiyugaokaのblog

アンダンテ靴工房は東急東横線自由が丘駅から徒歩10分、東急大井町線緑ヶ丘駅から徒歩5分、東急目黒線奥沢駅から徒歩7分のところにあります。
靴作り教室とオーダー靴の工房です。

タグ:ハンドソーン

Uさんの新作、通常穴飾りにするところを全てスタッズに置き換えたフルブローグの完成です。
光沢のある黒とスエード黒のコンビであることに気づきにくくなるほどスタッズに目がいきます。
このデザインを実現させるためにまず必要だったことは、2ミリ径と1ミリ径のスタッズの調達でした。
2ミリ径は売っていましたが、1ミリ径は売っておらず、苦肉の策として1ミリ径のアルミのリベットを使用することに。
アルミのリベットを革に差し込み裏からワッシャーをはめ込み、専用の工具でカシメて固定。と、こう書けば簡単そうですが、無数の極小リベットをピンセットとカシメ工具を駆使して革に固定していく作業は、見ていて、時折聞こえてくるうめき声も相まってもはや終わりの見えない何かの修行かと思えたほどでした。
さらにこの靴、革底を手縫いで縫い付けるハンドソーンウェルテッド製法で作ったため、実に製作期間2年近くかかってます。
その分、完成した時の達成感たるや「しばらくは履かずにこれ眺めながら一杯呑む。」の本人談から推して知るべしであります。
IMG_9232IMG_9233
IMG_9235IMG_9234
IMG_9238IMG_9227
IMG_9229IMG_9230
IMG_9231









IMG_7398IMG_7399
IMG_7400IMG_7401
IMG_7402IMG_7394
IMG_7395IMG_7396
IMG_7397
Kさんの新作、ウイングチップがついたスリッポンの完成です。
底付けはハンドソーンウェルテッド。アッパーはヌメを手染めで仕上げたもの。
初めての手縫いで相当時間がかかりましたし、その長い製作期間中に傷がついたりして、その痕跡があちらこちらにみられますが、その分、思い入れも強くなるというもので、Kさん、完成が近づくにつれ、完成させたいのに、なんとなくもっと作業していたいような、そんな状態になってました。まあ、分からなくもない、と言うか、分かる。
IMG_7403

IMG_4807IMG_4808
IMG_4809IMG_4810
IMG_4811
スタディーコースNさんの今作品は、ツータイダービーと呼ばれる、アイレットが2つの紐靴。
アイレットが少なくなれば、それだけ紐で締めてフィットさせる範囲が狭くなると同時に、紐を解いて緩む範囲も狭くなります。ゆえにフィッティングはシビアになり、足入れも靴ベラが不可欠になってきます。
IMG_4813IMG_4812
底付けはセメンテッドですが、押し縁を付けた革底仕様で、ヒールの革も一枚一枚積み上げてあり、それらの加工はグラインダーを使わず全て包丁で行った手間のかかった一足となりました。紐も共革で作った一点物。
IMG_4802IMG_4804
IMG_4805IMG_4806
次回作では、いよいよ、ハンドソーンに挑戦です。ハンドソーン、つまり手縫いによる底付け。これぞ靴作り!と言いたくなるほどの工程が待っていますが、その手間のかかりようったら・・・。
Nさん、覚悟!!




↑このページのトップヘ