andante_jiyugaokaのblog

アンダンテ靴工房は東急東横線自由が丘駅から徒歩10分、東急大井町線緑ヶ丘駅から徒歩5分、東急目黒線奥沢駅から徒歩7分のところにあります。
靴作り教室とオーダー靴の工房です。

タグ:ウイングチップ

IMG_5105IMG_5106
IMG_5108IMG_5107
IMG_5109
スタディーコースFさんの1足目、ウイングチップをあしらった黒い内羽根が完成しました。
Fさんの足は、写真を見ても分かるように、幅が狭く、ほっそりとした形をしています。その形の恩恵を受けているせいか、どことなく、気品溢れる佇まいをしています。

1足目はオーダー靴の場合で言う、仮合わせに当たります。なので、あまり手間のかからない手法で作ることをおすすめしています。これもセメンテッド製法で底材もゴム底を使用しています。
IMG_5110IMG_5111
IMG_5112IMG_5115
ぴったりです。
これで、2足目からは凝ったデザインの物や、手間のかかる製法でも安心して作ることができます。

IMG_4767IMG_4768
IMG_4770IMG_4771
スタディーコースSさんの2足目。トリコロールカラーを基調に、メダリオンやブローギングにも配色を施してあって、とても手間のかかった1足になりました。
今回のようなデザインは見た目以上に難易度が高く、非常に高い工作精度が求められます。具体的には、ウイングチップのセンター、メダリオン(爪先の穴飾り)のセンター、ブローギング(履き口周り等の穴飾り)のセンター、木型のつま先のトンガリのトップ、これら全てが一直線上に通っていなければなりません。1ミリでもズレがあると、すぐにそうと分かってしまいます。型紙ではビシッと作ったつもりでも、革に写し取る時の誤差、パーツを貼り合わせる時の誤差、つり込みの力加減などで、簡単に歪みが生じてしまうのです。しかも今回、柔らかく伸びやすいスエードをつかったので、なおさら難しかったようです。
IMG_4762IMG_4763
IMG_4764IMG_4765
同じ木型での2足目なので、フィッティングは確認済み。心置き無く、思いっきり凝ったデザインを楽しんだSさんですが、早くも3足目のデザインを考案済み。素材使いを変化球で挑むそうです。乞うご期待!


 

↑このページのトップヘ