andante_jiyugaokaのblog

アンダンテ靴工房は東急東横線自由が丘駅から徒歩10分、東急大井町線緑ヶ丘駅から徒歩5分、東急目黒線奥沢駅から徒歩7分のところにあります。
靴作り教室とオーダー靴の工房です。

タグ:ウイングチップ

Fさんの新作、フラットパンプス。これで、フラットは3足目になります。靴作りは自分が欲しいデザインで作るばかりでなく、まだやったことがなく、やってみたい技法で作るという動機でデザインするパターンがあります。今回は履き口に回したパイピングがそれになります。見た目の好みに経験が混ざり合って、愛着も増すってもんです。
IMG_7693IMG_7694
IMG_7695IMG_7696
IMG_7689IMG_7690
IMG_7691IMG_7692
IMG_7697








IMG_5698
IMG_5699
IMG_5700IMG_5701
IMG_5702IMG_5704
IMG_5706IMG_5709
スタディーコースOさんの新作、フルブローグの完成です。このフルブローグ、通常の外羽根とはちょっと違っていて、ヴァンプ部が踵の後ろまで伸びています。このことによって、ライニングとの組み立てが相当複雑になってしまいましたが、無事、縫製を終えたときは、Oさん、一足作り終えたかのような達成感に浸っていました。しかしそれも束の間、その後に待ち受けるハンドソーンに再度、悪戦苦闘することに。
出来上がってみると、複雑なデザイン、丁寧な作業、ハンドソーンでの底付けで、さすがの見応えです。 これぞ、革靴!といった感じですね。
IMG_5694IMG_5695
IMG_5696IMG_5697
Oさん、自分専用の木型をお持ちなので、これからも色々な靴を作っていかれるでしょう。楽しみです。

IMG_5280IMG_5281IMG_5284IMG_5282
スタディーコースFさんの2足目、プレゼント用のパンプスが完成しました。相手の方に工房まで来ていただき、採寸しての製作です。
プレゼントも、仮合わせしてから本番に臨むのが理想的ですが、今回は一発勝負。
結果は、とりあえず「こんなにぴったりの靴は初めてだ。」的なコメントをいただいたということでホッと一安心です。

Fさんから、自分以外の人のために木型を準備する場合、別途費用がかかりますか?という質問を受けましたが、その必要はありません。誰のためであろうが、コロコロと種類を変えて木型を使おうが、別途費用がかかることはありません。ただし、木型はリサイクルしてみんなのために使用しますので、一人のために製作後もずっとキープすることはできません。キープする場合のみ別途費用がかかります。
IMG_5279IMG_5285
ウイングチップに大き目の穴飾りも特徴的ですが、中敷きが素敵過ぎます。



IMG_5105IMG_5106
IMG_5108IMG_5107
IMG_5109
スタディーコースFさんの1足目、ウイングチップをあしらった黒い内羽根が完成しました。
Fさんの足は、写真を見ても分かるように、幅が狭く、ほっそりとした形をしています。その形の恩恵を受けているせいか、どことなく、気品溢れる佇まいをしています。

1足目はオーダー靴の場合で言う、仮合わせに当たります。なので、あまり手間のかからない手法で作ることをおすすめしています。これもセメンテッド製法で底材もゴム底を使用しています。
IMG_5110IMG_5111
IMG_5112IMG_5115
ぴったりです。
これで、2足目からは凝ったデザインの物や、手間のかかる製法でも安心して作ることができます。

IMG_4767IMG_4768
IMG_4770IMG_4771
スタディーコースSさんの2足目。トリコロールカラーを基調に、メダリオンやブローギングにも配色を施してあって、とても手間のかかった1足になりました。
今回のようなデザインは見た目以上に難易度が高く、非常に高い工作精度が求められます。具体的には、ウイングチップのセンター、メダリオン(爪先の穴飾り)のセンター、ブローギング(履き口周り等の穴飾り)のセンター、木型のつま先のトンガリのトップ、これら全てが一直線上に通っていなければなりません。1ミリでもズレがあると、すぐにそうと分かってしまいます。型紙ではビシッと作ったつもりでも、革に写し取る時の誤差、パーツを貼り合わせる時の誤差、つり込みの力加減などで、簡単に歪みが生じてしまうのです。しかも今回、柔らかく伸びやすいスエードをつかったので、なおさら難しかったようです。
IMG_4762IMG_4763
IMG_4764IMG_4765
同じ木型での2足目なので、フィッティングは確認済み。心置き無く、思いっきり凝ったデザインを楽しんだSさんですが、早くも3足目のデザインを考案済み。素材使いを変化球で挑むそうです。乞うご期待!


 

↑このページのトップヘ