andante_jiyugaokaのblog

アンダンテ靴工房は東急東横線自由が丘駅から徒歩10分、東急大井町線緑ヶ丘駅から徒歩5分、東急目黒線奥沢駅から徒歩7分のところにあります。
靴作り教室とオーダー靴の工房です。

タグ:アンダンテ靴工房

特に細いヒールの場合、ヒールの先端についているゴムがすぐに擦り減って、中の金属がむき出しになってきます。こうなると歩きにくく大変危険です。
以外と知られていませんが、パーツを交換するだけで元の姿に復活します。まあ、この先端のゴムは消耗品だとお考え下さい。修理というより、メンテナンスといった方がいいのかも知れません。

アンダンテ靴工房では、こういった修理も随時受け付けていますので、お手元にございましたら、是非、持ち込んでみて下さい。

尚、教室では靴製作以外に、合間をみてこんな修理なんかもしたりします。
20130829_231126

 

20130820_05073920130820_002955


アンダンテ靴工房が、本日発行の東急沿線スタイルマガジン『SALUS』9月号に掲載されました。
東急線をご利用の際には、是非、駅構内のSALUS専用ラックから一冊とってご覧下さい。無料です。
 

20130802_213828オーダー靴用のコットンの袋に革のタグを縫い付けているところです。エコバッグとしても使えそうです。
20130802_214254

IMG_1916

紳士オーダー靴です。
今回の注文は雰囲気を出すのに苦労しました。
木型の形状、デザイン、革の選択、組み合わせ、糸の色、太さ、革底の雰囲気、ヒールの形状等々、こだわりの一足になりました。
喜んでいただけるとうれしいです。 

5月29日の記事「修理というより復元。」までさかのぼります。)
ヒールの復元作業も中盤です。
20130614_205228

型枠の中に見える物体が前回ロウで長さを足したヒールの原形です。
20130614_210704

型取り用シリコンを流し込んでいるところです。
全て覆い尽くすように流し込みます。流し込む前に、型枠にパーテーションライン(後で型を割る面のライン)を描いておくことを忘れてはなりません。ま、忘れても何とかなりますけど。 
20130614_212211

シリコンが硬化するまで、もうしばらくお待ち下さい・・・。 

↑このページのトップヘ