andante_jiyugaokaのblog

アンダンテ靴工房は東急東横線自由が丘駅から徒歩10分、東急大井町線緑ヶ丘駅から徒歩5分、東急目黒線奥沢駅から徒歩7分のところにあります。
靴作り教室とオーダー靴の工房です。

カテゴリ: 作品紹介

Sさんの新作、ボタンブーツのようなデザインで、どことなくレトロな雰囲気のブーツが完成しました。
甲の部分の立体的な作りも縫い目の残るセンターシームではなく、クリッピングでカーブのクセを付けて、縫い目の無いシンプルな見た目になるよう一手間かけて作っています。ベージュに黒いパイピングがこれまた良いアクセントになっており、内側に配したジッパーの色合わせも抜かりなく、閉じたときはジッパーが見えないようピタリと革が閉じる仕様もうまく、う、うまくいき・・・と書きたいところですが、じつはここでアクシデント発生。
ジッパーを縫い付けたあと、ライニングの処理中にうっかりジッパーを切ってしまうという、気が付いたときにはジッパーを2センチほど切ってしまっていたというアクシデントに見舞われたりもしましたが、なんとか修理して完成した今となっては、それもまた微笑ましいエピソードとなっているのではないでしょうか。

ヒールはこだわりのくびれヒール。えんじ色の中敷きなど雰囲気の統一感バッチリですね。
IMG_9916IMG_9917
IMG_9919IMG_9920
IMG_9922IMG_9909
IMG_9910IMG_9911
IMG_9912









Mさんの1足目、1足目にもってこいの黒のオーソドックスな内羽根、かと思いきや靴底にコマンドソール装着という変化球仕様の靴が完成しました。

写真ではわかりにくいですが、コマンドソールの中でもビブラムのゴツいやつなので、内羽根らしからぬ迫力があります。Mさん他、完成に立ち会った生徒さんたちと「これは冠婚葬祭OK?」という話になり、ソールのワイルドさが致命的という理由で「不可」という結論に至るものの、ジャストなフィッティングに加えてグリップ力満点のソールにより、趣味のジョギングに使えるかも、なんていうまさかの用途が浮上したり。
いずれにせよ、これまで履いてきた既製靴との違いだけはハッキリ感じられたご様子のMさんでした。
IMG_9808IMG_9810
IMG_9811IMG_9812
IMG_9813IMG_9804
IMG_9805IMG_9806
IMG_9807










Mさんの新作、チロリアンブーツの完成です。

チロリアンブーツはアッパーの作りが独特で、モカから羽根へとひとつながりの構造になっています。
モカの部分は表革とライニングを一緒に合わせて手縫いするので、通常、つま先の芯はモカラインより前のわずかな先端部分のみしか入れることができませんが、今回は型紙を工夫してガッツリ先芯が入るような構造にしています。
今作の革はタンニンとクロームのコンビ鞣しなので、いわゆるヌメ革ではないものの、染めることを前提に開発されており発色の良さが特長の革です。当初はここから染める予定でしたが、この革の素の色もなかなか捨てがたいということで、しばらく経年を楽しんだ後、改めて染めるかどうか検討するということに。
たしかにこの革やヌメなどは、すっぴんでも日焼けしても染めてもイケる。
IMG_9777IMG_9778
IMG_9779IMG_9781
IMG_9782IMG_9773
IMG_9774IMG_9775
IMG_9776






Tさんの新作、色とりどりの細革が編まれたアッパーがインパクト抜群のパンプスの完成です。

この編み編み、細革を切り出すところから編むところまで全てTさんの手によって作られています。
このデザインを実際にやってみる実行力に脱帽ですが、Tさん的には色合わせも吟味を重ねる等、楽しんでおられました。
技術的にも決して簡単ではなく、ただ設定したパターンでひたすら地道に編むということ以外にも、パイピングやつり込みなどは編み編みゆえの工夫が必要だったりしましたが、最後まで計画通り進み無事に完成できました。
編み編みのアッパーは構造上履き馴染みやすかったりしますが、裏を返せば伸びやすいとも言えます。しばらく履いてみてから微調整が必要かも知れません。
IMG_9757 (1)IMG_9758 (1)
IMG_9759 (1)IMG_9760 (1)
IMG_9753 (1)IMG_9754 (1)
IMG_9755 (1)IMG_9756 (1)
IMG_9758

一味違う編み模様、どうなっているかおわかりになるでしょうか?

Iさんの新作、Iさんのこだわりが凝集されたワークテイストミドルブーツの完成です。

まず、一番のこだわりは筒の細さ。ジッパーを付けずに足入れできる限界の細さまで、仮靴の段階で何度も検証を重ねて攻めました。仮靴で妥協なくギリギリまで攻めたので、本番のちょっとした誤差(縫い目の誤差、革質の差)によって足が入らないのではという不安を最後まで抱えながらの製作でした。

あとは、つま先の芯をあえて入れないソフトトゥ、靴底も革を2枚重ねたダブルソール、底のつま先に擦り減り防止のトゥスチールを付けるなど、こだわり満載の仕様になってます。

底付けは、掬い縫いは手縫い、出し縫いは機械縫いの9分仕立て。
IMG_9634IMG_9635
IMG_9636IMG_9638
IMG_9639IMG_9641
IMG_9643IMG_9627
IMG_9628IMG_9630
IMG_9631IMG_9632
IMG_9633








↑このページのトップヘ