Fさんの新作、ぱっと見、セパレートパンプスのような、コンビカラーのフラットパンプスの完成です。

セパレートパンプスのように、前後のパーツで分かれてしまうと構造的に履き口のテンションが得られず、むしろサンダルとしての足合わせが必要になってきますが、今回のはサイドでかろうじて繋がっているのでなんとか履き口のテンションが得られ、履き口に隙間が空くなどのことは起こりませんでした。
11013127
(外から見たときのアッパーと靴底の境目ラインまで足が入っているわけではなく、外から見えないアッパーの革表裏の厚み+踵芯の厚み+中底の厚み+クッションの厚み+中敷きの厚みがあってその上に足が乗っているので、外側のサイドの黒とシルバーの境目あたりではとても浅く、足を1センチ程しか覆っていない。)
実際、履いてみるまで少し不安でしたが、しっかりフィットしているようでホッとしました。
履き口のライン次第で足を抑える面積と履き口のテンションが変わるので、パンプスでは特に注意が必要です。
1101313011013132
1101313311013134
1101312511013126
11013128