andante_jiyugaokaのblog

アンダンテ靴工房は東急東横線自由が丘駅から徒歩10分、東急大井町線緑ヶ丘駅から徒歩5分、東急目黒線奥沢駅から徒歩7分のところにあります。
靴作り教室とオーダー靴の工房です。

Sさんの新作、プレゼント用に作ったベビーシューズの完成です。

サイズは12センチと13センチで、デザインは共にストレートチップのチャッカーブーツタイプ。

踵ジッパーでありながら、踵トップのクッション付きで脱ぎ履きしやすさと履き心地の両方を兼ね備えた作りになってます。
タッセル付きの紐も共革で作った豪華仕様でベビーシューズとはいえ、立派な顔つきをしています。

ソールに関しては革底案も出ましたが、やはり軽さやクッション性を考えてEVAに。
11012812(0)11012813(0)
1101281611012819
11012820






Kさんの新作、履き口にゴムの付いたデザインで、容易に脱ぎ履きできるスリッポンの完成です。

赤い差し色が効いているウエッジソール、横から見ると踵の段差が無いシンプルな形をしているので、作るのも簡単そうに見えますが、踵のパーツで角度の調整ができない分、こちらの方がはるかに難易度は上がります。

EVAの板材を数枚貼り合わせてから、底面の形状にぴったり合うよう削っていくのですが、これはすなわち、アッパーがつり込まれた状態の靴底面のカーブや膨らみ、微妙な凸凹にピタッと隙間なく接着させるための、底面を反転させた形状をEVAを削って再現するということであり、靴作りの中でもちょっと異質な感覚を必要とする作業です。

しかし、このEVAウエッジソール、出来上がると、まるでスニーカーのように軽くて程よいクッション性を備えているので疲れにくく、しかも雨天にも強いときている優れものなのです。
1101280611012807
1101280811012809
1101281111012801
1101280311012804
11012805















Mさんの新作、自身の娘さんのために作った、Tストラップローファーの完成です。

もちろん、足の採寸、アッパーの革、バックルやその他素材選びまで行った、ほぼフルオーダー仕様。
アッパーには、木型につり込むのが難しいヌメ革をMさん推薦で使用しましたが、そこはもはやベテランの域に達しているMさん、ヌメのつり込みもすでに何度か経験済みで、つま先にもシワを残さず綺麗に仕上がっています。

ヌメ革とは、植物タンニン鞣しという古くからの製法で作られる硬くて丈夫な革で、よく財布やベルトなどに使用されることの多い、「使うほどにアメ色に変化する」というあれです。

一般的に、アッパーに使用する革には、経年変化が少なく、雨の影響を受けにくいクローム鞣しという製法で作られた柔らかめの革を選ぶことが多いのですが、今回のようにむしろ経年変化を求めてあえてヌメ革を使用するというケースもあります。当然、つり込みが難しかったり、足に馴染むまでに時間がかかったり、水濡れ厳禁だったりのリスクを負うことになるのですが、それでも、一度ヌメを選ぶと次もまたヌメを選んでしまうという、この「育てる楽しさ」には間違いなく中毒性があります。
1101279411012795
1101279611012797
11012798






↑このページのトップヘ