andante_jiyugaokaのblog

アンダンテ靴工房は東急東横線自由が丘駅から徒歩10分、東急大井町線緑ヶ丘駅から徒歩5分、東急目黒線奥沢駅から徒歩7分のところにあります。
靴作り教室とオーダー靴の工房です。

Kさんの新作、3連リボンがワニの型押しを超えて印象的なサイドジッパーブーツが完成しました。

その甘い表情のデザインもかなり特徴的です。
羽根にあたるパーツは前面でギリーシューズのように細く3本伸びていますが、その先端同士は完全に縫われて繋がっており、そこに全く別パーツとして現れたリボンが可愛らしく付いているという、一見リボンの結び方を加減することでフィッティング調整出来そうなデザインでいて全くさせてもらえない、足合わせの点においては実は全然甘くないデザインだといえます。

個性強めのオレンジっぽいワニの型押し革とリボンの組み合わせが一体どうなるのか全く予測不能でしたが、意外なくらい自然にまとまっていて、「へぇ~」としばらく見入ってしまいました。
IMG_1069IMG_1070
IMG_1071IMG_1072
IMG_1065IMG_1066
IMG_1067IMG_1068










Kさんの新作、スエードのチャッカブーツが完成しました。

今回はステッチダウンという手縫いの手法でアッパーと靴底を縫い付けています。
一部、つり込みの際にスエードの端が破れてしまい、その痕跡が残ってしまいましたが、ギリギリ縫い目の外側なので実用に支障なしということで、まぁ、セーフとしましょう。

スエードは破けやすかったり、汚れやすかったり、なかなか選ぶのに勇気がいる素材ですが、独特の和む雰囲気はやはり魅力ですね。

Kさん、次はサイドゴアブーツに挑戦予定です。もちろん手縫いで底付け。乞うご期待!
IMG_1046IMG_1047
IMG_1048IMG_1049
IMG_1041IMG_1042
IMG_1043IMG_1044














Nさんの新作、黒一色で統一されたサンダル、コロナ禍によるブランクを乗り越えての完成です。

黒に塗られたウエッジソールは、写真ではわかりにくいですが、革板を積み上げて作ったソリッドなリアルレザーウエッジソールなので、そこそこの重みがあり安定感抜群です。ただ、このウエッジソール、中底とピッタリに合うような形状に削って調節する必要があり、その作業がかなりの難易度だったりします。Nさん、コロナ禍のブランク明け一発目の作業がこのウエッジソール製作だったので相当荷が重かったと思いますが、なんとか無事に完成させることが出来ました。

両サイドに紐を通して結ぶ作りになっていますがこれは飾りで、踵にジッパーがついているので、ジッパーの開閉のみで楽に脱ぎ履きできるようになってます。
あと、トングサンダルは鼻緒が強く当たって痛くなりがちですが、今作は甲でフィットさせて、鼻緒にはほとんど負荷がかからないよう調整済なので、ガンガン履いても大丈夫です。
IMG_0052IMG_0049
IMG_0048IMG_0050
IMG_0051IMG_0053
IMG_0038IMG_0039
IMG_0040IMG_0042













↑このページのトップヘ