andante_jiyugaokaのblog

アンダンテ靴工房は東急東横線自由が丘駅から徒歩10分、東急大井町線緑ヶ丘駅から徒歩5分、東急目黒線奥沢駅から徒歩7分のところにあります。
靴作り教室とオーダー靴の工房です。

IMG_1652

昨日のお客さん(Kさん)の仮縫いの試着はひとまず、OK。

初めて靴をご注文されるお客さんのほとんどが、普段、大きめの靴を適正サイズと思って履かれているため、初めて注文靴を履いた時の感覚は何となく窮屈だと感じることが多いようですが、それに慣れた頃、今まで履いていた靴を改めて履いてみると、全くフィットしていないことに驚かれます。
そうして、もう今までの靴は履けないとばかり、リピート注文される方が多いように思いますし、その感触を分ち合いたくて、知人に勧めて下さるということもあります。非常に嬉しく、ありがたいことだと思っています。

今回のKさんも 別のお客さんYさんからご紹介いただいた方で、Yさんから色々と話を聞くうちに興味が湧き、ご注文下さいました。
とりあえず、お持ち帰りいただき、実際に時間をかけて外を歩いた上で問題が無ければ、本縫いへと進めていきます。

作り手とお客さんとの関係が限りなく直接的で、確たる満足感を提供できるこういう仕事は、そう多くはないと思います。

明日はお客さんの仮縫い靴の試着です。
「仮縫い」とは、木型の形状がその人の足にぴったりと合っているかどうかを確認するための試作靴です。
注文を受ける際、お客さんの足を細かく採寸し、そのデータを元に木型を作ります。
木型とは、靴の形を決める元型で、これの形状が履く人の足に対して適切なものでなければいけません。
そのため、そうなるべく、細心の注意を払って、こと細かに足のデータをとるのです。
しかし、ただそのデータ通り作れば常にフィットするとは限らないところがフィッティングの怖さであり、また、最も面白いところであり、時に落ち込み嫌気がさすくらい夢中になるところなのです。

今回は紳士用の紐靴ですが、靴の種類によってその難易度は大きく変わってきます。
その辺りもこれから少しずつ書き込んでいきます。
IMG_1646

IMG_1645
都内に靴教室はたくさんありますが、パンプスも習える教室は本当に少ないです。
今まで足に合わないと思っていた方々が、自分の手で自分の足に合う自分好みのパンプスを作り、それを履いて街を歩く。非常によろしいかと思います。もちろんパンプス以外でも。

↑このページのトップヘ